家庭用脱毛器比較 ケノン トリア

家庭用脱毛器のおすすめを探すと、売れてるランキングではケノンが人気ですね。

 

ほかにも比率的にはフラッシュ脱毛器の種類の方が多いです。

 

これ、どうしてかというと・・・

 

トリア以外の他のメーカーさんは「家庭用“レーザー”脱毛器を製造することができない」ため、です。

 

 

美容家電を作っているさまざまな会社も本音を言えば脱毛効果の高いレーザー脱毛機を製造販売したいんですよね。

 

でも、レーザー脱毛の特許を持っているのがトリアなので、いくらやりたくても権利が無いのでフラッシュで我慢しているというオチ。

 

トリアしか販売できないので、結果的に家庭用レーザーに種類が無いんです。

 

クリニック以外でレーザーが認められている脱毛器はトリアだけ!

 

 

でもふつうの人はフラッシュ脱毛器のケノンもレーザーだと思ってる人も多いみたい?

 

メラニン(要するにムダ毛)に作用する光の質がレーザーとIPL(インテルパルスライト)では雲泥の差があるのですが、たぶん理解してる人は少ないです。

 

ケノンタイプはフラッシュ脱毛なので、そもそもムダ毛に有効な波長もそれほどは含まれてないんです。

 

 

 

だからか、かなり出力を上げないと効果が薄く、レベルが高いと保冷剤なしではけっこう痛いらしい。

 

トリアも痛みはありますが、同じように保冷剤を使うなら痛さは感じにくいし、なんと言ってもレーザーなのでよく抜けます。

 

フラッシュ脱毛は肌色に作用してしまう光も含んでいることはご存知でしたか?

 

ケノンなどはそういう有害波長をフィルターでカットして照射する仕組みです。

 

でも話を聞くと、どうもお肌が乾燥しやすいらしいのが気になります。

 

そういう面からもトリア・パーソナルレーザーは元からメラニンにしか反応しない光しか照射されないので安心ですよね。

 

トリアとケノンの使い勝手はどう?

トリアはバッテリー内蔵で重いという人もいます。

 

わたし自身は負担に感じるほどではありませんけれどパワフルだから?(笑)

 

そう、剛腕アンド剛毛ムダ毛の持ち主なのよねー、的な(T_T)

 

 

 

でもコードがない分どこでも使える方がやっぱりラク。

 

ケノンは本体が大きいのでお手入れできる場所を選ぶ必要がでてきます。

 

たとえば顔に使いたいとき。

 

洗面所やドレッサーの鏡の前でも全然問題ないけど、ケノンじゃそうは行かないですからね。

 

 

収納場所も考えないとならないし、しまい込むといちいち出してきてお手入れするのが面倒に感じるようになるのが心配だなぁって思います。

 

 

 

 

ケノンとトリア購入後のコストパフォーマンスがいいのはどっち?

 

トリアは1回に照射できる面積が小さいです。

 

そのため何回も当てないとお手入れできないのもたしか。

 

でも、いちいちスイッチを押したりする必要はないです。

 

ただトリアを肌の上で少しずつ移動させるだけなので、思っていたよりも面倒でじゃなかったです。

 

かたやケノンは照射面積の広さがウリ。

 

でも反面細かい部分に使いたい場合には専用のカートリッジに付け替えなくてはなりません。

 

楽天ではカートリッジの販売個数もランキングNO.1のようですが、かなりイイお値段です。

 

それに、そんなに数が売れてるって言うことは、追加購入しないと脱毛しきれないのかな?とか逆に心配な気もするんですけど(ー_ー;)

 

 

本体価格だってトリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの方が安いでしょ。

 

こう比較してみるとコスパはトリアが良いように感じますよね。