トリアレーザー脱毛器 痛み

トリアレーザー脱毛器の痛みに不安を感じている方は多いようですね。

 

アットコスメやレビューブログでもムダ毛がよく抜けるけど痛みが強いという口コミがあります。

 

私が実際に使ってみた正直な感想も、痛みがなかったとは言えないです(T_T)

 

 

だからといって家庭用脱毛器の中でトリアだけすごく痛いのか?というとそれはまったくの嘘。

 

根本的にニードル式の電気針でも、光を照射して行なうタイプの脱毛方法も、熱によって毛乳頭の破壊を行なうシステムだからどれでも痛いのです。

 

 

脱毛の仕組みは毛母細胞を壊すこと。

 

そうすれば次のムダ毛は生えてこなくなります。

 

しかしながら毛根を破壊させるだけの熱を加えれば、周りの皮膚にもそれなりに刺激が伝わってしまうモノ。

 

これが痛みの正体なのです。

 

 

 

タンパク質の変性は熱いほうがより確実ですから、レベルを上げすぎれば皮膚の奥のほうはヤケドを追う可能性もあります。

 

そのぎりぎりのところを上手く狙うと、ムダ毛を成長させる細胞のみにダメージを与えられるんですね。

 

 

最近の脱毛専用エステではフラッシュ脱毛の機械がほとんどです。

 

もともとレーザー脱毛のテクノロジーを応用しているのですが、医療行為が認められていないためにパワーの出せない機器が使われてるんですね。

 

 

このIPL脱毛と比較すると、美容クリニックでのレーザー脱毛では痛みを強く感じやすいと言われます。

 

それでもはっきり痛みがあるのは、メラニン色素にレーザーが作用しているからこそ感じる刺激です。

 

 

エステサロンのフラッシュ脱毛で何度照射を受けてもムダ毛が減らないという人が、医療レーザー脱毛であっさりと効果を実感できるのも良く聞く話しです。

 

トリアの取扱説明書には低いレベルから照射してみて、我慢できるところまで上げてお手入れするように書かれています。

 

 

 

病院のレーザー脱毛でもまれにあるようですが、出力が強い場合、またはムダ毛が濃くて太いケースでは翌日に腫れが出たり、その部分の皮膚が熱を持つことも・・・

 

これは毛穴の奥が軽度の炎症を起こしているためで、赤みや痛みを感じる人もいます。

 

ぶっちゃけリゾート地などでうっかり日焼けしたら、その晩は熱で眠れないほど痛いこともあるわけですしね。

 

 

いくら毛穴というごく小さい細胞でも、人工的に熱を加えているのですから、やりすぎは禁物です。

 

痛みが辛いとレベルを下げようと思いがちですが、弱いレベルで照射していると脱毛エステのフラッシュのように、効果が出るまでに時間がかかるのでオススメではありません。

 

私の個人的体験談としては、とにかく先に照射したい部分を先に冷やす!

 

これに尽きます。

 

わたしは保冷剤を使っていますが、アイスノンや冷たい濡れタオルというクチコミも見かけます。

 

それでも男性のヒゲは厳しいようなので、痛みに弱い方は市販の麻酔クリームを塗ることも検討してみましょう。